2013年01月21日

「土」という迷宮と野菜づくり農業

野菜は昔から土を耕して栽培してきました。

土と一口に言ってもなかなか捉え何処のないものです。

化学的には無機物が多い土なのか有機質が多い土なのか、また栄養分の量とその吸収量などなど。物理的には粒度、水分量、通気性、保水性など、また生物的には土壌細菌を始めとする生物群。
土をきっちり把握できるのは相当の専門家でしょう。

そこに野菜づくりとなると肥料が必要になってくる。
肥料は堆肥などの有機肥料が推奨されますが、有機物が完全に分解し、安全な堆肥づくりが難しい。
しっかりとした堆肥づくりはかなりの熟練者しかできないのではないでしょうか。

また、その堆肥を土に入れる量とタイミング。
さらに害虫や雑草対策に必要となる農薬使用。
更にトラクターなどの大型機械の購入とメンテナンス費用
このようにみてくるとしっかりとした野菜づくり農業は本当のプロしかできないこととなります。

農業の衰退は一面では土栽培による困難さが要因となっているのでないでしょうか。

だれもが簡単に取り組め、コストが安く、安全でおいしい野菜づくりを目指すなら、土を使わないのも一つの方法です。それは同時にその土地の環境保全にも貢献します。

すくすく水耕菜園」は私たちのより良い農業のためのひとつの提案なのです。

hourensou1.jpg
弊社の水耕栽培方式により、ホウレンソウ(約700株)を1.2m X 3.5mのプランタで栽培しております。苗を植えつけてから、1ヶ月半経過した時点の写真です。

suikenlogo.gif
お問い合わせは水研クリエイト株式会社まで

posted by 水研クリエイト at 13:50| 東京 ☁| Comment(0) | 水耕栽培 | 更新情報をチェックする

2013年01月16日

水やり不要!電気不要!自動調水器付き水田ビオトープのご案内です。

商品名「田んぼとーぷ」は、自動調水器付きの水田ビオトープです。

よく小学校などでバケツを利用した水田を見かけますが、水やりが大変そうですね。稲は成長に伴って水の吸い上げ量が増えるうえに、バケツの貯水量は少ないのでほうっておくと数日で干上がってせっかくの稲が枯れてしまうでしょう。頻繁に水やりをしなければなりませんが、これはかなりの負担になります。

稲を育てるのに一番手間がかかるのは、この水やりなのです。

水研クリエイトの「田んぼとーぷ」には、自動調水器が組み込まれていて田んぼの水位は一定に保たれる仕組みになっています。この調水器は電気を使用せず、雨水タンクなどに貯められた水を田んぼへ自動供給しますので、水やりが不要になります。
(追記 2013/1/28:一部、大型「田んぼとーぷ」等ついては、雨水を無駄なく活用するために電力を使う設備を設置する場合があります。小型のものについては、水位の維持に基本的に直接電力は必要ありません。)

水位を一定に保つことが出来れば、田んぼの中でメダカを育てることもできます。トンボ類のヤゴやチビゲンゴロウの仲間などが飛んできて繁殖するかも知れません。「田んぼ+ビオトープ=田んぼとーぷ」の完成です。

ご興味のある方は、ぜひ弊社のこちらのページ下部より田んぼとーぷの商品案内パンフレットをダウンロードしてご覧ください。

suikenlogo.gif

お問い合わせは水研クリエイト株式会社まで。
posted by 水研クリエイト at 15:45| 東京 ☁| Comment(0) | 商品紹介 | 更新情報をチェックする

2013年01月15日

水田のあるビオトープ(永福小学校)

昨年末に施工が完了した杉並区の永福小学校のビオトープを紹介いたします。

eifuku_jirei00.jpg

面積約650m²のこのビオトープの特徴は、高度成長期以前に日本各地で見られた昔ながらの水田を再現した点にあります。永福小学校がある台地の南側を神田川が流れていますが、付近の昭和22年ごろの航空写真を見ると、川沿いには形も大きさも様々な水田が所狭しと並んでいます。

基盤整備される前の水田は、平野部の川沿いや河口付近に自然に出来る湿地などの自然地形を利用していたため、四角く区画整備されていませんでした。永福小学校のビオトープでは、この昔ながらの大自然と近しい関係にあった水田を再現いたしました。

このビオトープには、池、クリーク、デッキ、木道、橋、原っぱ、水田、手押しポンプ、雨水の引き込み、太陽光発電による井戸水の自動供給といった設備が盛り込まれています。動植物の生息環境や行動・生態に配慮しつつ、水研クリエイトならではの様々な工夫と遊び心をこらした独創的なビオトープです。

詳細は他のビオトープ施工事例と一緒にご覧ください。

suikenlogo.gif
ビオトープの施工・管理のことなら、水研クリエイト株式会社にお任せください。
ラベル:施工
posted by 水研クリエイト at 14:34| 東京 ☀| Comment(0) | ビオトープ | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。