2014年01月31日

15年前の学校ビオトープ


年が明けたと思ったら、今日で1月が終わり。
相変わらず時間はあっという間ですね。

板橋区 蓮根第二小学校のビオトープを施工して、早15年の月日が経ちました。

当時、在学中の子どもたちと一緒に施工し、
Photo-012.JPG

2本の木に挟まれた砂場が、
Photo-001.JPG

池や流れに変わり、
DSC00001.JPG

自然に芽生えた木々に囲まれました。07.06.18 014.jpg

当時の蓮根第二小学校校長先生で今ではNPO法人センスオブアースの代表、寺田茂先生の活動によって、子どもたちの学習以外にも、学生たちの研修の場に利用したり、地域の方々との連携で管理や補修もして頂いております。

私どもは、施工の際に自然素材を利用しておりますので、どうしても15年の月日にはかないません。
IMGP6469.JPG
放置されると外来種がはびこり、池も泥がたまってしまう場合があります。しかし、このように設置した枕木が朽ちてしまっても、池の中や植物はあまり乱れておりませんでした。
それは寺田先生を始め、多くの方々の利用による賜物だと思います。

小学校のビオトープは、先生方が異動などで変わっていくと、なかなか引き継ぎにくい複雑な分野ですが、こうやって利用し続けていただけることは大変ありがたいことです。

先日、寺田先生と地域の方や子どもたちでビオトープ内の川の補修工事に臨んだとのことでしたが、少々不具合があるとのご相談をお受けし、本日お会いしました。
「素人ばかりで作ったから」とご謙遜される寺田先生の手元のメモには、今回の補修工事の計画や図案や計算式がぎっしりと書かれていました。
IMGP6471.JPG

寺田先生の情熱を感じた一日でした。

かわいい追記かわいい
アズマヒキガエルの産卵の時期も間近で寺田先生も水辺の補修も急がれていました。
2月上旬には続々と産卵シーズンを迎えると思いますので、皆様も補修等はお早めに。
(本来なら1月頃まで)


Written by ARAI.


posted by 水研クリエイト at 13:49| 東京 ☀| Comment(0) | ビオトープ | 更新情報をチェックする

2014年01月28日

食品工場のごはんどき。


千葉の市川に新しい食品工場ができました。
最上階の従業員食堂には大きな窓があり、そこからテラスが一望できます。

今月末、そのテラスに弊社の屋上ビオトープが完成しました!

DSCN6663.JPG

写真のデッキの上に白く伸びて見えるのはベンチです。
天気のいい日は外で食べるのもいいですね。

では完成したてのビオトープをご案内いたしますかわいい

テラスに出たらまず目を止める、ベンチ横のミニ里山(私が独断で命名)!
P1231781.JPG
流木と石とコケを使いました。流木を配置する際、少しでも自然の形に近づけるためビス打ちはせず埋めて固定しました。今回初めてコケも用意しました。コケの存在で雰囲気がぐっとよくなりました!

では、水が流れ出す「上流」へいきます。
DSCN6620.JPG
静かな湧水のように井戸水が出てきます。
流れでた水は倒木をくぐり、
DSCN6622.JPG

「中流」の池に流れていきます。
DSCN6624.JPG
ここは少し深めに作りました。流木も沈めてみたので上流とも下流とも雰囲気が違います。
陸から水面に突き出した流木に、カワセミが止まらないかな…

そして中流域最後の池に流れ落ちます。
DSCN6619.JPG
写真では水は止まっていますが、石を積んで小さな滝をイメージして作りました。
流れたところをぜひ見て頂きたいですぴかぴか(新しい)
P1231768.JPG
ここは下流の循環ポンプの出口ですので、水面が静かに揺れています。

ビオトープを横切るように1本の川の流れがあります。
P1231770.JPG
ただ真っ直ぐにはひかず、うねりや幅にもあそびを作りました。

そしてひと際大きな池がある「下流」に流れ着きます。
DSCN6637.JPG

下流には先ほどの中流につながるポンプがあり、太陽の力で水を送ることができます。ひらめき
DSCN6639.JPG

木のデッキはコンクリートよりもぬくもりを感じます。
DSCN6629.JPG
仕上げ中の写真です↑

そして、上流側には通路を挟んで畑も作りましたるんるん
P1231760.JPG
ここで採れた新鮮な野菜を食堂で利用…。理想的ですぴかぴか(新しい)


かなりバリエーションに富んだビオトープになりました。
いつも、野生のいきものが暮らしやすい環境を考えながら施工します。しかし今回はそれに加えて、このビオトープのもう一つの目的である、「ごはんどきの憩いの場」も意識しました。このような空間作りは弊社でも初めての試みです。

ビオトープは小学校など子供向けが主流だと思っていましたが、大人だってつい池の中を覗き込んでしまいます。たとえ草花や虫や魚を知らなくたって、一瞬でも童心にかえってリラックスできれば、またひとつビオトープの価値が生まれてくるのかもしれませんねわーい(嬉しい顔)

もう少し暖かくなったら、いよいよ草木やメダカを入れていきます。
ああ春が待ち遠しい!

Written by ARAI.








posted by 水研クリエイト at 17:04| 東京 ☀| Comment(0) | ビオトープ | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。