2013年01月21日

「土」という迷宮と野菜づくり農業

野菜は昔から土を耕して栽培してきました。

土と一口に言ってもなかなか捉え何処のないものです。

化学的には無機物が多い土なのか有機質が多い土なのか、また栄養分の量とその吸収量などなど。物理的には粒度、水分量、通気性、保水性など、また生物的には土壌細菌を始めとする生物群。
土をきっちり把握できるのは相当の専門家でしょう。

そこに野菜づくりとなると肥料が必要になってくる。
肥料は堆肥などの有機肥料が推奨されますが、有機物が完全に分解し、安全な堆肥づくりが難しい。
しっかりとした堆肥づくりはかなりの熟練者しかできないのではないでしょうか。

また、その堆肥を土に入れる量とタイミング。
さらに害虫や雑草対策に必要となる農薬使用。
更にトラクターなどの大型機械の購入とメンテナンス費用
このようにみてくるとしっかりとした野菜づくり農業は本当のプロしかできないこととなります。

農業の衰退は一面では土栽培による困難さが要因となっているのでないでしょうか。

だれもが簡単に取り組め、コストが安く、安全でおいしい野菜づくりを目指すなら、土を使わないのも一つの方法です。それは同時にその土地の環境保全にも貢献します。

すくすく水耕菜園」は私たちのより良い農業のためのひとつの提案なのです。

hourensou1.jpg
弊社の水耕栽培方式により、ホウレンソウ(約700株)を1.2m X 3.5mのプランタで栽培しております。苗を植えつけてから、1ヶ月半経過した時点の写真です。

suikenlogo.gif
お問い合わせは水研クリエイト株式会社まで

posted by 水研クリエイト at 13:50| 東京 ☁| Comment(0) | 水耕栽培 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。